paters(ペイターズ)の利用を開始!

知り合いにpaters(ペイターズ)というアプリを聞き、実際にどんなものなのか調査もかねて利用してみることにしました!paters(ペイターズ)はすでにあなたもご存知かと思いますが、パパ活専用のアプリです。

 

知り合いの話によると、登録している女性のレベルが出会い系アプリに比べると高いよ!とのことでした。

 

実際に登録してみて思いましたが、本当に可愛い子が多いです!

 

パパ活ってなに?

今回知り合いに進められて「パパ活」という言葉を知ったのですが、そもそもパパ活とはなんのことなのか、疑問に思ったのでいろいろ調べてみました。

 

女性が経済的に援助してくれる男性(いわゆるパパ)を探す活動を指す俗な言い方。肉体関係を伴わず、デートや食事を中心とする交際を通じて、高級な店へ連れていっておごってくれるといった方法で経済的な支援者になってくれる相手を見つける、といったあり方を主に指す。『引用:Weblio 辞書

 

つまり、パパ活というのは、金銭的に女性をご飯などをおごったりすることで助けることです。

 

ここから考えるに純粋な「パパ活」は、どこにも金銭の直接的なやりとりが必要ということは書いていません。

 

しかし・・・ネットで調べてみると、女性向けのパパ活サイトが沢山見つかりましたが、その多くがパパを見つけてお金を稼ごう!というようなものでした。

 

そして、実際にアプリを利用してみると「食事デートで1万円」など女の子は言ってきます。ほとんどの子が金銭目的です。

 

勘違い女子の増加!

男性に対して女性は、「パパ活は肉体関係なし、デートだけで!と書いてありますよ!」とか言ってきますが、そもそも解釈間違えてる人多すぎな気がします。笑

 

先ほどサイトから引用したものを参照するのであれば、どこにもデートすることで金銭を得られるというようなところはありません。デートするだけ、1時間2時間で1万円、多い子だと1万5000円とか要求してきますが、完全に男性陣なめられてます。

 

もちろん、個々でのやり取りなので、当事者同士が納得のうえ進めているのであれば問題ありませんが、なんか悲しいなと感じるのは私だけでしょうか。

 

しかし、そうはいっても、パパ活という言葉が流行ったおかげで、興味本位で登録している子も多く、素人女性と出会いたいという方には有効なツールだとは思います。

 

ただ、利用する時はいろいろと気をつけたほうがいいな!とも感じました。

 

男性も勘違いには注意!

他の出会い系アプリを利用しても、これまでにあまりマッチングしたことがない・・・というような方が登録すると、「俺ってモテるのか?」という勘違いを起こしてしまう可能性がります。

 

私も登録して驚いたのですが、登録初日で20件のマッチングができました。しかも、私がしたのは、いいねを返しただけです。出会い系アプリでは登録したてで、この結果はあり得ません!足跡残しなどもしていないのですから。

 

しかも、マッチングした女性の9割近くが返信をしてくるという状況。これは本当に異常です。

 

これまでモテたことのない非モテ男子は、もし利用するのであれば依存したりして気付いたらお金が・・・ということにもなりかねないので本当に注意したほうがいいです。

 

さて、それでは本題に入っていきましょう。(遅い笑)

 

そもそもなぜpaters(ペイターズ)を利用しようと思ったのか

今回paters(ペイターズ)を利用しようと思ったのは、可愛い子が多いと聞いたのもありますが、先にお伝えしたようにマッチングしやすいという特徴があるという情報ももらっていたので、これをうまく攻略できればかなり美味しいのでは?とかんじたからです。

 

現状では金銭のからむ状態からのスタートになってしまっていますが、それでもそこから発展しない!ということはいい切れません。現に、キャバクラや風俗で最初はお客さんだったけど、お付き合いすることができた!という人は意外とたくさんいます。

 

であれば、paters(ペイターズ)というパパ活目的としている女性とも、そこから金銭をからめずに恋愛関係にもちこむことも可能なのではないでしょうか。

 

ということで、実際にpaters(ペイターズ)を利用して実践検証をしていこうと思います。金銭からみからのスタートの場合は、少し攻略の難易度があがるかもしれませんが、それでもスキルアップの練習にはもってこいです!

 

なぜなら、会えるからです笑

 

会うことができれば会話ができ、リアルの女性の反応を体験していくことができます。キャバクラに行くよりも素人が多いという点をみれば、なしではないです。

 

ではでは、また実践結果を記載していくので楽しみにしていてください^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ